石巻の白謙

石巻と「笹かま」

昔から宮城県の人たちは、本当によく、かまぼこを食べます。なにしろ「かまぼこ生産量日本一」「かまぼこ消費量日本一」の県ですから。
石巻の人たちは、笹かまぼこはもちろん揚げ蒲鉾も、生で(加熱をせず)醤油も何もつけずに食べることが多いんです。なにしろ、そのままでおいしいですから。
笹かまぼこや揚げかまぼこ(「白謙揚げ」など)は、お菓子代わりに、お茶受けやおやつとしてよく食べられる、本当に身近な食べ物です。もちろん日本酒やビールにもよく合うし、おかずにもなる。人の集まるところには、おいしい蒲鉾があるんですね。そして、特別においしい店の笹かまぼこは、お歳暮やお中元で親しい方に贈ります。
仙台、石巻を中心に、宮城県にはたくさんの笹かまぼこメーカーがあります。どこの笹かまぼこも年々、味に磨きがかかり、美味しくなっています。切磋琢磨しあう、とてもよいライバル関係を築いています。
石巻の地で長くお客様に愛され、技と味を磨いてきた「白謙の笹かまぼこ」。仙台を中心に全国各地の皆様から、ご好評をいただいております。ぜひご賞味くださいませ。

「笹かまぼこ」のルーツ

笹かまの発祥は宮城です。その中でいち早く近代化を図ったのが石巻なんです。伊達藩時代、魚が大漁で取れ過ぎてしまい、魚を市場まで運びきることができませんでした。そこで浜の漁師がヒラメの肉をすり潰して串に刺し、平たく形づくって焼いて食べたところ、大変うまかった!
以来、生の魚よりも保存がきき、おいしいということで、食べられるようになりました。
この形が手のひらに似ていることから「手のひらかまぼこ」、また舌のような形だということで「べろかまぼこ」など、いろんな名前で呼ばれていました。今では「笹かまぼこ」で統一されていますが、これは笹の葉の形に似ていることと、伊達家の家紋の竹にちなんだ名前です。