食品安全へのこだわりSafety

 白謙の笹かまぼこの大半を製造する門脇工場の衛生・安全施設は世界的レベルです。1時間に96回、新鮮な空気を取り入れる換気設備をはじめ、温度・湿度のコントロールも行っております。高度にクリーンな状態を保持するためにハード的対策と併せて、ソフト的対策として感染症対策BCPに基づき、新型コロナウイルスの感染防止や感染時の対策も含め健康管理に関する教育を徹底して行っております。

最新の
換気設備・衛生管理Ventilation & Hygiene management

1時間に96回、新鮮な空気を取り入れる換気設備を備えている門脇工場は、工場内の空気をウイルス菌も通さないHEPAフィルターも含め高密度フィルターを6層通し、24時間断続的に行っています。また、陽圧管理も施されており、工場内の清浄度は工程に応じてクラス100〜10,000を保持しております。

菌は生物なので、水分がないと増えません。よって、工場内を極力乾燥させ、菌が活動できないようにしております。魚肉を扱うため、すり身をつくる機械・機器類は、おのずと菌の数は増えますが、洗浄・消毒し乾燥を徹底することにより、それを防いでおります。温度によって菌の繁殖率は違うため、20度以下になるよう冷暖房による温度管理を徹底しております。

厳しい製品チェック

独自の厳しい基準をもとに、製品検査においては社内検査のほか公的機関における検証・検査も行っております。品質、事業継続マネジメントに関する認証取得をしております。

  • ISO9001:2015
  • ISO22301:2012
  • 食品衛生優良施設(社団法人日本食品衛生協会)
  • みやぎ食品衛生自主管理認証制度(みやぎHACCP)ステップ2